So-net無料ブログ作成
検索選択

バッファローのbluetooth折りたたみキーボードを使ってみた [副業]

AS01M_20170713_225707.jpg

スマホを購入してから、スマホのタッチパネルになかなか馴染めず

良く誤操作をしていました。


ラインくらいの文字数ならまだしも、

メールが本当に打ちにくくて、

年齢とともに指先が乾燥しているのか!?(とは考えたくありませんが(汗))


ずっとずっと、欲しかったのですが、

ようやく、Bluetoothの折りたたみ式キーボードを入手しました[黒ハート]


最初は、リュウドのとか欲しかったのですが、

高いし、私のスマホはiphonではないし、androidも対応していると書いてあるけど、

このお値段はねぇ、とか、思っていたところ、随分悩んだにも関わらず、

何となく衝動買いしてしまった、バッファローの折りたたみ式キーボード。


道具が好きなので、こういうの持つとワクワクしてしまいます。

・・・良く考えると、それほどの頻度使うわけではないのですよね。


でも、ビックカメラのネットショップで2000円台で見つけてしまったので、思わず買ってしまったのです。



折りたたみ式キーボードは、だいたい6~7千円から1万円超えていて、なかなか欲しくても買えなかったのですが、これが、消費税込みで2041円だったので、思わずポチっとして、衝動買いしてしまいました[ー(長音記号2)]


ポチっとした後に、お値段がやっぱり安すぎるので、安物買いしてしまったかな?とちょっと後悔しつつよく見ると、71%OFFになっていました。なんだ、そういうことか。


すごい!![わーい(嬉しい顔)]嬉しい。(よかった(ホッ[ダッシュ(走り出すさま)]))


来てみたら、ちゃんとしっかりした品物で、安心しました。



BUFFALO Bskbb15シリーズです。


キーボードを二つに折りたたんでケースに入れて持ち運び、

使う時は、キーボードケースはスマホスタンドとして使用できます。(タブレットももちろんOKですね)


充電式のキーボードなのですが、

充電用のケーブルが付属していました。ところが、コンセントが付いていません[あせあせ(飛び散る汗)]


それで、携帯電話を充電するケーブルで充電しました。

※注意書きで、付属のケーブル以外で充電しないでください。と書いてあったので、そこは自己責任で・・・


ケーブルを接続すると、キーボードの左上の電池のランプが赤く点灯します。


そのままにして、暫く家のことをして戻ってくると、

ランプが消えています。


あれ?と思って、一度ケーブルを抜いて、再度接続。

赤ランプが点灯して、充電が始まりました。


ああ、接続が悪かったのね・・・

と思って、また家事をして帰ってくると・・・


また、ランプが消えているではありませんか!!

??もしかして、ケーブルが悪かったかしら・・・?


とか思ったのですが、実は、充電が完了していました。[わーい(嬉しい顔)]


予想以上に早く充電が完了していたので、まさかまさかと思ってしまったのですね。


早速、スマホをスタンドに立てて、

キーボードのスイッチを入れて、

スマホのBluetoothの設定を開くと。。。


来てます来てます。

バッファローのBluetoothが表示されていました[グッド(上向き矢印)]


あっという間に接続できましたよ。

私にもできて、簡単でした。


wi-fiの接続に比べたら、なんということないですね[るんるん]


キーボードは、ローマ字入力に対応しています。

アルファベットの配列は、パソコンのキーボードと全く同じですが、

ファンクションキーやショートカットに割り当てられたコマンドが違うようです。


なぜか、私のキーボードは左右の矢印キーを押すと、

ブラウザが立ち上がって、yahooのホームページを表示します。


上下の矢印キーは、ちゃんと上下に動いてくれるんですけどね^^;


ファンクションキーは、「fn」を押しながら使うと、

半角とか全角とかカタカナ、ひらがな、のコマンドがパソコンと同じように使えます。


ファンクションキーのキーの上についている白の画像は、

iphonに対応しているみたいです。

私のスマホはandroidなのですが、残念ながらandroidでは使えないコマンドもあります。


キーボードは、少し浅めですね。

そして、当然ですが、キーとキーの間隔が、パソコンのキーボードよりは少し狭目になってます。

私は女性なので、あまり苦も無く打つことができますが、手の大きな男性の方には

ちょっとコツが必要かもしれませんね。


あと、スペースキーが丁度接続部分にあるので、二つに分かれています。

右を打っても左を打っても、どちらでも同じ動きをします。


アルファベットも、この接続部分がコツが必要です。

たとえば、「V」とか「B]とか。


ブラインドタッチに慣れていたら、左手のホームキーの「F」の位置から

一段下の「B」を打ちたくて人差指を伸ばしたら、

ギリギリ「V」を打ってしまうのです。

ここは要注意です。


慣れたらどうということもありませんが、

何度も同じ間違いをしてしまいます。身体って、正直ですね。

勝手に手が動いてしまうのです。


そして、「B」を入力しようとして「V]と入れてしまって、

矢印キーで戻ったら、ブラウザが立ち上がってyahooのホームページが立ちがるのですよ。

イラッ[むかっ(怒り)]


それでも、タッチパネルだけでメールを打っていたことを考えると、

とっても楽ですし、断然早いです。


あと、これはBluetoothのキーボードだからなのか、

コンパクトキーボードだからなのか、

それともスマホのの処理能力のせいなのかは分からないのですが、


打った文字が、打つ速さについてこれず、

連打したあと全部表示されるまでに、暫く待つ感じです。


ゆっくり打つには丁度いいかもしれません。


もしかしたら、スマホの処理能力の速さの問題かもしれませんね。


総合的に考えてみても、良い買い物だったと思います[わーい(嬉しい顔)]


今度は、タブレットも欲しい!!

でも、こちらはもうちょっとヘソクリを貯めてからですね。


今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございます。





   
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0