So-net無料ブログ作成
ガーデニング ブログトップ
前の3件 | -

夏の日差しの下で、ブルーベリーが紫色になる理由とは・・アントシアニン 

AS01M_20170729_160606.jpg

実家の玄関先のブルーベリーが、だいぶん色づいてきました。


今年は沢山の花をつけてくれたので、

収穫の時期が楽しみです。


時々、娘が色の良い食べられそうなところを一つ、二つといただいているようです。


AS01M_20170729_160616.jpg

昼間の暑い太陽の下で、全く干からびることなく

元気にその実をたわわにつけて成長しています。

本当に、頼もしく感じます。


ブルーベリーは目にいいといわれていますが、

そのアントシアニンというブルーベリーに多く含まれるとされる成分が、目の疲れやかすれ目に効くといわれています。



ブルーベリーは、ツツジ科スノキ属ソアノコカス節に分類される植物で、原産は北アメリカです。

木そのものはそれほど大きくならず、低木で、青紫色の小さな実をいくつもつけます。


ブルーベリーの有効成分として有名なアントシアニンは、自然界には広く存在しているものだそうです。

色素のひとつで、果実や花の色の、赤や青、紫色を表している水溶性の色素を総称してアントシアニンと呼ぶようです。

アントシアニンは、フラボノイドの一種なので、抗酸化作用がある物質として人気を集めています。


このアントシアニン、ブルーベリーだけでなく、ナスや紫芋にも多く含まれているというので、紫色の実がなるものに多く含まれているのかなと思います。


この紫色、植物が紫外線から自らの身を守るための色だということをご存知でしたか?


紫外線は、光の中でも波長の長い光で、反対に波長の短い光を赤外線と言います。


紫外線は、目に見えない光ですが、長い時間さらされると、日焼けの原因になる光の成分です。

ナスや紫芋、ブルーベリーのアントシアニンのという紫色の成分が紫外線をシャットアウトする、

ということは、この植物たちを食べることで、

つまり、アントシアニンを吸収することで、お肌に良い影響がある、

というのが想像できますね。


アントシアニンだけでなく、葉緑素(クロロフィル)も紫外線をカットする働きがあるそうです。

葉緑素は、緑色の植物に含まれる色素のことです。


なので、観葉植物の中でも、ポトスやアオキ、ガクアジサイなど、

白く斑点のある、葉を鑑賞するような斑入りの植物がありますが、

あの白い部分は、紫外線をシャットアウトする成分が含まれていないので、

強い日光に当たると、茶色く変色してしまうそうです。


そういえば、もう枯れてしまってなくなりましたが、

我が家にあったポトスも、真夏の窓辺に置き忘れていたら、

葉っぱの白い部分が茶色く変色していました。


アントシアニンやクロロフィル(葉緑素)のことを調べていて初めて知ったのですが、

バナナの黄色は、バナナのクロロフィル(葉緑素)が紫外線に当たって壊れてしまって

黄色く変色しているのだそうです。面白いですね!!


バナナは、収穫してすぐの時には緑色をしていますが、

紫外線に当たることで黄色く変色します。

銀紙で包んで紫外線をシャットアウトしていたら、黄色や茶色の色にはならないそうです。


今度、試してみたくなりました[るんるん]

バナナに日焼け止めクリーム塗ったら、どうなるでしょうか??


いえ、食べられなくなったら困るので、やめておきましょうね[あせあせ(飛び散る汗)]


ブルーベリーの実が紫色なのも、バナナが黄色なのも、

紫外線が関係しているなんて、なんだか自然の摂理は面白いなぁと思いました。


今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございます。




     

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トマトにバジルが虫よけになるそうです。 

DSC02842.JPG


実家の家庭菜園に、トマトが赤く色づき始めました。


夏と言えば、トマトときゅうり!!でしょうか[わーい(嬉しい顔)]


今年は、害虫駆除のための化学肥料や駆除剤をまかずに、

ハーブで虫よけに挑戦中!!って、

私が育てたわけではなくて、父が育てているのですが、

何とか薬を使わずに、害虫がつかずに、トマトを育てたい、

というので、ハーブを使ってみたそうです。


毎年、トマトが色づく前に、葉っぱに穴が開いていたり、

おいしく実り始めたトマトに、穴が開いていたり、

葉っぱが白くなってしまったり、

葉っぱの先の方が丸く丸まってしまい、良く見ると中に幼虫が・・・


しゃくとり虫や、アブラムシ。

毎日、トマトの天敵と奮闘していました。


殺虫剤撒くのも悩ましいので、見つけたら割り箸で取り除いたりしていましたが、

なにしろ蚊に刺されてしょうがありませんでした。


トマトの近くで植わっていてめちゃくちゃ茂っている緑の葉は、バジルです。

先端に花をつけているものもあります。


今年はバジルをトマトの隣に一緒に植えると良い、という話を聞いて、

父もさっそくホームセンターでバジルの苗を買ってきて、

トマトの隣に植えたそうです。


バジル自体、とても繁殖力の強いハーブなので、

ぐいぐいと大きく育って、しっかり茂ってくれました。


お蔭で、今年は害虫駆除の薬をまかなくても、

虫が付かなかったそうです。


バジルの他にも、ミントやシソなど、香りの強いハーブは、

虫が嫌がって寄ってこないともいわれています。


虫よけのハーブスプレーなどに使われているハーブがそうなのですね。

バジルの他にも、ローズマリーやラベンダー、ゼラニウム、ティーツリーなども

虫よけハーブに使えます。


ゼラニウムは、蚊取り線香の材料としてもよく知られていますね。


家庭菜園は広くないので、家族で食べる分だけ取れるくらいの畑ですが、

夏野菜はすくすくと育ってくれますね。




バジルは害虫駆除にもなりますし、沢山茂ったら刈り取って、

フレッシュでもドライでも、オイルにつけてもおいしくいただけますね。


フレッシュだと、それこそトマトと一緒にバジルの葉を刻んで盛り付けて、

上からオリーブオイルをトロ~リ。


これで、おいしい、イタリアントマトサラダの出来上がりです[黒ハート]


市販のピッザァ・マルゲリータのソースに使われている、

マルゲリータのソースは、刻みバジルとオリーブオイルですよね[グッド(上向き矢印)]


このソース、ジェノベーゼという名前です。


ジェノベーゼソースは、バジルの葉とニンニク、松の実、パルメザンチーズ、塩、こしょう

をミキサーで撹拌して作ります。

パスタに混ぜるもよし、サラダにかけるも良し、ピザソースにも大活躍の
ジェノベーゼソース、料理があっという間にイタリアンになるお気に入りのソースの1つです。



トマトとモッツアレラチーズのサラダに、ジェノベーゼソースかけても美味しいですよ。


今年は、沢山バジルが育っているので、ジェノベーゼソースも作れそうです[黒ハート]




沢山余ったバジルは、乾燥させて、ドライバジルを作ります。

小瓶に詰めておけば、一年中バジルを楽しむことができますね。


バジルは、シソ科の植物で、一年草。

効能としては、心や体、中枢神経の働きを強くしてくれる作用があるそうです。身体の、いろんな機能を高めてくれます。

鎮静作用もあり、イライラを沈めて気持ちを落ち着けてくれたり、偏頭痛にも効果あり。

また、腹痛や嘔吐、胃痙攣などにも症状を和らげる作用があるそうです。


私は、バジルのハーブティーは飲んだことがないのですが、

バジルのハーブティーは、不眠症にも効果を発揮するそうです。


バジルのハーブティー、どんなお味がするのでしょうか。

今度挑戦してみたいです。



今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございます。





     

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初夏の朝、ベランダのペパーミントの葉に感動 

suiteki01.jpg

双葉だったペパーミントが、どんどん本葉もついて、だいぶ大きくなってきました。

新しい双葉も次々とでてきていますよ。

鉢の中が、にぎやかになってきました。


そして今朝、水やりにベランダに出たら、ペパーミントの葉っぱの先端に、水滴が沢山ついていました[わーい(嬉しい顔)]


こんなの、初めて見ました!!

室内に置いてあるポトスの葉っぱの先に、水滴がたまるのは見たことありますが、

ペパーミントの場合は、葉っぱの先に何カ所も水滴がたまっていて、

可愛いですね[ハートたち(複数ハート)]


sizuku01.jpg

↑ミントの葉をアップで撮ってみました。


このような水滴は、植物の呼吸によっておこる現象なのだそうです。



植物の葉の先に水滴がたまる場所は、水孔という場所で、

気孔が酸素や二酸化炭素などの空気の出入り口なのに対して、

水孔は水分の出入り口なのだそうです。



気孔の場合は、状況によって、開けたり閉めたりできるそうなのですが、

水孔の場合は、そのような機能が備わっていなくて、

植物の中の水分が多すぎたら、自然と葉の先から水分が排出される現象なのだそうです。


梅雨時期や、夏の朝早い時期によくみられる現象で、「出水」と言われています。

気孔が十分に開ききっていなくて、根っこの水分吸収が良い時に、

植物の中で水分が余ってしまって、その余分な水が葉っぱの先から出てくると言われています。


日が高くなって、光合成が始まると、植物の中の水分が光合成に使われて、

葉の先の水滴を見ることはできなくなりますが、

梅雨時期の湿度の高い時だと、日中でも見ることができる場合もあるそうです。


<<気孔とは>>

気孔と言うのは、葉っぱの裏側にところどころ開いている穴のことです。

呼吸したり、光合成したりする時に、酸素や二酸化炭素を通したり、水分を水蒸気として外に押し出したりする働きがあります。


気孔の入口の方には、孔辺細胞といって、二つの細胞が唇の形に向かい合った構造の細胞があります。

この二つの唇の形の細胞の大きさが変化することで、孔の大きさが調節されるのだそうです。

どんな時に大きさが変化するかというと、水分が多くなると、二つの孔辺細胞が外側に膨らんで、

孔が大きく広がって、水蒸気が外に出やすくなります。


水分が少なくなると、元の大きさに戻って穴が閉じてしまい、水蒸気が外に出ないようになるそうです。

こうやって、葉の中の水分を調節しているということです。


私は全く覚えていなかったのですが、この構造は、中学校の理科で習うそうですね!!

うわぁぁ。ちっとも覚えていませんでした。[あせあせ(飛び散る汗)]




<<水孔とは>>

今回、ペパーミントの葉の先に水滴がついていたのは、この水孔の働きによるものでした。

水孔は、前述の気孔とよく似た形をしているものの、葉の裏の表面にある気孔とは違い、葉の淵にあって、

葉脈(ようみゃく)と言う葉の筋のような、水分や栄養分を通す管の端っこに口を開けているそうです。


通常は、気孔が水分と空気を通していて、余分な水を蒸散(じょうさん:葉の表面から蒸発させること)させているそうなのですが、気孔が閉じているときは、余分な水分を蒸散させることができないのだそうです。


気孔は、光合成をする時に必要なのですが、夜は光合成をしないので、気孔が閉じています。

そのため、気孔が閉じている間に吸収した余分な水分を、葉脈を通して、葉脈の先にある水孔から押し出しているのだそうです。


日本の気候は、冬場は乾燥しているので、夏の、特に梅雨時期に良く見られる現象なのだそうですよ。


朝の早い時間に山や草むらを歩いたりすると、前の日に雨が降っているわけでもないのに朝露で足元が濡れてしまうことがありますが、これは、水孔の作用によるものだったのですね。




朝のベランダで、葉の先の水滴が、朝日にキラキラ輝いているのを見た時は、ほんとうに感動しました[ぴかぴか(新しい)]

植物の呼吸が聞こえてくるような、そんな神秘的な出来事でした。



今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございます。







   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | - ガーデニング ブログトップ

スポンサードリンク