So-net無料ブログ作成
美容・健康 ブログトップ
前の3件 | -

秋ナスは嫁に食わすなって、言いますが、茄子が美味しい季節ですね。 [美容・健康]


「秋ナスは嫁に食わすな」

と言う言葉、諸説もろもろありますが、

ポジティブに捉えると、「茄子は体を冷やすから、若いお嫁さんは子供を産むのに体に障るから食べさせないほうがいい」というものと、

嫁姑の力関係を考えると、「秋ナスは美味しいから、お嫁さんに食べさせなくても、自分たち(姑)が食べる」

という解釈。どちらもどうかなぁ。

私は、ポジティブな方だと思いますが。また、美味しすぎて食べ過ぎたら、お腹が緩くなるからっていうのもあるそうですね^^


ところで、茄子の品種は沢山ありますね。

長茄子、水ナス、丸なす、などなど、そんな中で変わった名前の茄子をご紹介します。


「ばってん茄子」

JA熊本うきオリジナルブランドの茄子です。

熊本県宇城市

見た目は、普通の茄子に見えますが、平成12年から作付けが始まった、新種の茄子で、

水ナス系の熊本県オリジナルの茄子だそうです。

小ぶりな茄子ですが、希少性の高い茄子で、

1個の大きさは大体50g~70gだそ。

しっかりとした歯触りのある、瑞々しい茄子です。

茄子の季節は大体夏だと思っていましたが、

この「ばってん茄子」は、10月頃から翌年の6月頃までの冬春のシーズンに出荷される茄子です。

冬にも茄子が食べられるのには、こういった品種改良により、冬でも美味しく食べられる茄子が出回っているからなんですね!!

出荷の最盛期は4月から5月だそうです。



「サファイヤなす」

山形県の茄子です。別名「蔵王茄子」ともいうそうです。

サファイヤのような輝きの茄子!!ということでしょうか!?

ハウス栽培されている、お漬物用の小茄子のブランド商標だとか。


形は、少しほっそりとした感じの、千両茄子のような小さめのお茄子ですね。

皮に艶があって、濃い紫色をしています。

柔らかい上に、歯切れも良いので、お漬物にピッタリなお茄子なのです^^


とはいえ、普通の料理に使っても、美味しくいただけるそうですよ。


ただ、この「サファイヤ茄子」は、登録商標されていて、

残念なことに山形県内でしか入手が不可能なのだそうです。

・・・そういわれると、一層食べてみたくなりますね^^



ハウス栽培されているので、収穫は早くて3月頃から11月頃まで続くそうです。

とはいえ、やはり一番おいしい旬の時期は、6月から9月頃みたいですね。


茄子も、色んな種類があって、面白いですね。

そんな、夏から秋にかけて食卓に並ぶことも多い茄子ですが、

その栄養成分はどうなっているのでしょうか。




「茄子の栄養分や効果効能」

茄子は、昔から体を冷やすと言われていますが、

それは、体内の余分な熱を外に出してくれるということなので、

夏の暑い時にはとても良いお野菜ですね。

夏バテには良いようで、栄養的には、カリウムが一番多く含まれていて、利尿作用があります。


茄子の成分に「コリン」という水溶性ビタミン様物質があります。

水溶性ビタミン様物質?とは、体内に入ってから合成されて、ビタミンに類似した働きをする成分のことだそうです。

そして、この「コリン」が胃の中で胃液の分泌を促して、食欲を回復させてくれるというもの。

夏バテは、食欲がなくなって、体力を消耗してしまうので、夏に茄子をしっかり食べて

体内から余分な熱を出すのが、健康な夏の過ごし方なのかもしれませんね。


ただ、茄子の食べ過ぎは体を冷やし過ぎてしまうので、ほどほどがいいようです。


茄子を脂と一緒に食べると、身体を冷やす作用が軽減されるそうです。


私は、茄子の揚げびたしが大好きですが、

茄子を素揚げにして、熱いうちに薄めた”めんつゆ”をかけて頂きます。

お野菜に味がしみこんでいくのは、熱が冷める時だというので、

揚げたての熱い茄子に、あつあつのうちに”めんつゆ”をかけることで、味が自然にはいっていくのです。

簡単だし、おししいし、とっても気に入っています。



茄子の紫色は、アントシアニンやポリフェノールからできているともいわれるので、

抗酸化作用や美肌、また、血行促進にも良いですね。


茄子に含まれる「ナスニン」という成分は、血液をサラサラにしてくれて、生活習慣病の原因と言われている過酸化脂質の生成を抑えてくれる作用もあって、生活習慣病意にもいいのが、お茄子の良い所ですね。


茄子、あなどれませんね!!


今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございます。







   




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウコンの力は商品名だけど、春ウコンがすごいらしい [美容・健康]



ウコンとは、ショウガ科のウコン属の多年草。

よく、お父さんたちが宴会に行く前に飲む「ウコンの力」は商品名ですが、

本当に、ウコンはいろいろ体に良いらしいですね。


昔から、インドではターメリックと言って、香辛料としてウコンを食べていました。

中国では漢方薬としても使われているそうです。


では、ウコンって、いったい何に効くというのでしょうか?

(ああ、でも「ウコン」ってカタカナで何度も書くと、ちょっと^^;面白いですね。あ、スミマセン[たらーっ(汗)]




実は、癌や糖尿病、うつ病などが改善されるというので、私もびっくりしたのです。

効能のあるウコンは、「春ウコン」といって、春にとれるウコンのことで、

これが、とても効果的なのだそうです。


ただ、取りすぎはあまりよくないそうですが、ほどほどに、ウコンを摂取すると、

本当に、癌も治るという研究があるようですね。



YOMIURI ONLINE

「がん抑制に「ウコン」の力…抗がん剤と遜色なく」





まずはマウスの実験で、ウコンの成分でがんが抑制されたという研究結果がでたと京都大学のチームがまとめたそうです。


癌をウコンで治療できるとしたら、副作用もなくて、抗がん剤のあとの辛い後遺症もなくて、

すごい発見だと思いました。



「春ウコン研究会」




春ウコンを適量、30日間摂取すると、なんと、糖尿病が治ったとか、


ウコンの成分の中のクルクミンという成分が、薬効成分として注目されていますが、

ウコンにも春ウコンと秋ウコンの二種類があるそうです。

この研究では、春ウコンを使っていて、春ウコンにはクルクミンの含有量が少ないそうです。

なので、有効成分は、クルクミン以外にあるのではないかと書かれていました。


長くて難しい文章が並んでいましたが、

ウコンの中でも春ウコンがいい、ということと、

取りすぎるとかえって逆効果である。ということが、良くわかりました。


ウコンって、二日酔いにきくだけではなかったのですね!!


こういう、自然のものを体に入れることで病気が治る、というような研究がもっともっと進んでくれたらと思います。あるいは、そういうことは、昔の人の方が良く知っていたのかもしれませんね。


便利な世の中になっていくうちに、病気も速攻で治すことを考えてしまい、早く治るのが良いとされるようになってきました。

化学のお薬で治すと、表面的には治ったような感じがして安心しているのかもしれませんが、

化学のお薬は、即効性がありますが、副作用もあるので、すぐに治る反面、いろいろ心配なこともありますよね。

もちろん、副作用がすべての人に出るわけではありませんし、お薬の効き方の方が副作用を遥かに上回る効果をもたらしていると信じていますが。

人の排泄の能力って、すごいなぁと感じることもあります。


昔から「口養生(くちようじょう)」という言葉がありますが、

口から入るもので、健康を維持していけたら、それが一番だなぁと思います。


注射でウコンを体内に摂取したらどうなるか、その安全性などの研究がこれからの課題となっているそうです。


でも、春ウコンって、どこで手に入れるのでしょうか・・・・??

春ウコンがもっと身近に手に入るようになるといいなぁ・・・と思っていたら、

最近は、ネットで国産の春ウコンを購入することもできるのですね。

便利な世の中になりましたぁ、^^


今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございます。








     

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シリカ水の効果、その後・・・(シリカ水を使って1か月がたちました) [美容・健康]



最近気が付いたのですが、

手の肌荒れの調子が良いようです。


何年か前に皮膚科に行ったときに、「主婦手ですね」とお医者さんに言われました。

水仕事が少ないときにはそうでもないのですが、


家じゅう掃除した次の日や、または寝不足が続いた数日後や、

季節の変わり目、ちょっと体が疲れやすいときなどは、


すぐに手が荒れて、掌の、皮一枚下に水泡がたくさんできて、

かゆくてかゆくて、夜中に寝ながら血が出るまでかいてしまったりしていました。



この春も、そんな感じでしたが、

もう、ステロイドは嫌なので、今度こそ、脱ステロイド!と思いつつ、

かゆいのを我慢しながら、ホメオパシーも取り入れつつ、取り組んでいました。


去年から実家に毎年来る置き薬屋さんが置いていく

粉末の「コラーゲン」をコーヒーや紅茶に混ぜて飲んでいました。


粉末で、無味無臭なので、どんなものに入れても

汁物に入れてもいいということで、私は、飲み物に入れて、

毎日スプーン1杯分ずつ飲んでいました。


口から入るものなので、直ちに変化を感じるような代物ではありませんが、

なんとなく、皮膚が柔らかくなってきているような、そんな気はしていました。


それでも、主婦手は毎年、春先になると出始めて、

花粉の季節にピークに達します。


手がかゆくて、ボリボリと掻きます。

血が出て、かさぶたになって、

そこがまた、あかぎれのようになって、関節のしわのあるところから、

パックリと割れて、そこから血が出てきて・・・


すみません[あせあせ(飛び散る汗)]ちょっと、グロいですね。[ふらふら]


でも、ホントにそうなんです。

そして、皮膚が固く厚くなって、更に割れやすくなる。。。という悪循環。


それで、いろんなこと調べたり、ホメオパシーで対処したりしています。

ホメオパシーのスバジリックシリーズのクリームを塗ると、改善はしていました。

蜜蝋でできた、皮膚用のクリームです。

でも、ちょっとベタベタするので、夏向きではないのですよね。


色々試してはいたのですが、

先月の末に購入したシリカ水が、すごいのではないかと最近思ったのです。




DSC00648.JPG

というのも、シリカ水を手や顔にシュッシュとして、

化粧水のようにパタパタすると、肌がもっちりとしてくるような気がしています。


最初は、あまり感じなかったのですが、

もうすぐ一か月になる今頃、シリカ水をシュッシュとした後、

パッティングのように手で顔をパタパタやると、シリカが肌に入っていくような、そんな感触がするのです。


そして、カサカサだったお肌が、ちょっと柔らかくなっているような気がします。


これには、個人差もあるので、一概には言えないとは思うのですが、

コラーゲンとの相乗効果もあるかもしれません。


コラーゲンも、口から食べて吸収する分には、

まずは血液や血管、骨や内臓の必要な場所に吸収されて、

最後にお肌とか、爪とか、髪の毛とか、外側に少しずつ浸透してくるようなききかたなので、

毎日コラーゲンをとっていて、ようやく表面まで到達しつつあるのかなぁとも思ってみたり。


ただ、コラーゲンは1週間くらいしかその効果が期待できないようなので、

取り続ける必要があると思います。


そして、シリカ水。

目薬にシリカ水を数滴足して使っていますが、ドライアイが改善されているような気がします。

一日コンタクトレンズを使ってパソコン仕事をすると、以前は昼頃には目がちかちかと痛くて、

涙が止まらなくなっていたのですが、シリカ水入りの目薬をさすようになってからは、

夕方まで、大丈夫なようになってきました。

瞬きしても痛くないのが、とてもうれしいです。


また、手荒れがひどくて、指の関節が一回り大きくなっていたのが、

先日のセルフジェルネイルの写真を見ていただいてもわかるとおり、

指の関節のしわが大分目立たなくなってきていると思いました。

Nail01.jpg

年齢のせいもあるので、どうしても若いころのようなプリンっとした可愛らしい手にはなりませんが、

それでも、おばあちゃんのような手だったのが、信じられないくらい良くなっています。


爪の付け根の、ネイルベットと呼ばれる、爪が生まれる皮膚の部分は、

まだアトピー的な雰囲気が残っているのが分かりますが、

それでも、随分と改善されています。


これも、たぶん、シリカ水のお蔭だと、私は信じているのですが・・・



感じ方はそれぞれ、個人差があると思うので、効果は人それぞれだと思いますが、

私には、シリカ水はとても良く会っていたのではないかと感じました。


シリカ水、ちょっとお高く感じますが、湧水の中にもシリカは含まれているそうなので、

もし、湧水をくみに行ける方は、そちらの方がお得かもしれません。

また、シリカ水は原液だともったいないので、私はミネラルウォーターやローズウォーターで薄めて使っています。


ご参考になれば幸いです。^^




今日も、最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 
 
 
  
 
 
 
 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | - 美容・健康 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。